過失がゼロの場合に備える

交通事故は毎日どこかで発生していますので、いつ自分が巻き込まれてもおかしくありません。もしもの場合に備えて自賠責保険だけではなく任意の自動車保険に加入している人も多く存在します。保険に入っていれば、事故が発生した場合も保険会社が交渉してくれるので安心と考えている人もいるのではないでしょうか。 本人の過失がゼロである場合は、保険会社は示談交渉をすることができませんので、本人が交渉を進めていく必要があります。法律の知識がないままに交渉を進めていくと不利な立場になることもあり、弁護士に交渉を依頼する人も多くなっています。そして、弁護士に依頼する場合は、その費用を支払う必要がありますが、こうした費用も意外と多く発生するので、そうした費用を用意できるかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

特約に加入することがおすすめ

自動車保険には様々な特約が用意されていますが、保険を見直すときは弁護士費用特約への加入も考えてみましょう。弁護士費用特約は、限度額の範囲内で弁護士費用を保険会社が負担してくれるというものです。限度額は保険会社ごとに違いもありますが、300万円程度支払われることが多くなっています。こうした特約があれば、費用の負担を気にすることなく安心して弁護士に交渉を依頼できます。弁護士費用特約に加入している人は多いとされていますが、実際にはあまり使われていないともいわれています。その理由としては、特約に加入していることに気づいていない、忘れているということがあげられます。もしもの事故に備えて保険の内容はきちんと理解しておくことも大切です。