個人賠償責任特約は複数入ってもあまり意味がない

自動車保険の個人賠償責任特約に入るデメリットは、他の保険で個人賠償責任保険に入っていると無駄になる可能性が高いことです。個人賠償責任保険そのものに加入している場合や、火災保険などの特約で入っている場合には内容が重複してしまいます。基本的に個人賠償責任保険は複数入っていてもほとんど意味がありません。一般的に個人賠償責任保険は上限額がかなり高く設定されているので、どれか一つに入っていれば補償できる場合が多いでしょう。複数に加入していても無駄になってしまうのは複数の保険を使えることがほとんどないからです。他の個人賠償責任保険に入っていないなら加入する意味がありますが、加入済みなら余計に費用がかかるだけです。

個人賠償責任特約がない保険も多い

個人賠償責任特約のある自動車保険もありますが、特約を外せたり、そもそも特約がない保険もあります。個人賠償責任特約に加入しておくデメリットとして、他の自動車保険に切り替えたときに個人賠償責任保険がなくなるリスクがある点が挙げられます。重複してしまうと無駄になるので、自動車保険で個人賠償責任特約を選んだときに他の個人賠償責任保険を解約しているでしょう。その状況で自動車保険の見直しをして、安くするために特約がない保険を選ぶと補償を受けられなくなります。この時点で他の保険を探して特約を付けたり、個人賠償責任保険に加入したりする手間が生じます。最悪の場合には失念してしまい、万が一のときに補償がない状況になるので注意が必要です。